受験生向けサイト つながるWEB

あそびスターTRAIN


長良川鉄道さんとのコラボ♪~保育者「あそびスター」をめざす~

あそびスターTRAIN

あそびスターTRAIN

関キャンパスがある岐阜県関市内を走る、今や唯一の鉄道である長良川鉄道。
本学の幼児教育学科が今年度に長良川鉄道さんとコラボで行った企画列車「あそびスタートレイン」があります。

「あそびスタートレイン」は、長良川鉄道の特別列車に乗って鉄道の旅を楽しみながら、「あそび力」を備えた保育者「あそびスター」を目指す幼児教育学科の学生と一緒に、親子で遊びが体感できる企画列車。

毎回子どもたちと遊びを楽しむのですが、事前準備は真剣そのもの。企画を練り、準備物を用意し、当日に臨みます。
そして当日最後、笑顔で参加者の皆さんとお別れした後は、すぐに協力し合って片付け・撤収作業に入ります。
もちろん、イベント後の振り返りも忘れません。良かったこと、反省すべきことを検証し、自身の学びへとつなげます。

2011.7.3 七夕TRAIN

吹流しや笹飾りなどが飾られた七夕の雰囲気たっぷりのお座敷列車2両に、親子約60人、学生11人が乗車。車内で七夕飾りを作ったり、折り紙や切り絵、塗り絵などの遊びを体験したり、北濃駅では「紙ひこうき飛ばし大会」も行いました。

七夕TRAIN

七夕TRAIN

2011.12.25 雪だるまTRAIN 

親子65人と学生16人が参加。車内で様々な遊びを楽しんだ後、終点の北濃駅では、雪合戦大会、かまくら作り、そり遊び、雪埋め大会(?)、ただ雪の上をズボズボ歩き回る...などなど、各自が思い思いの雪遊びを体いっぱい・汗びっしょりになって楽しみました。
北濃駅の売店の皆さん手作りの、地元食材たっぷりのそれはそれは美味しい鍋料理もいただきました。

雪だるまTRAIN

雪だるまTRAIN

雪だるまTRAIN

2012.7.1 七夕TRAIN 

車内で工作やササ飾りを楽しむ

七夕を控えた7月1日、七夕トレインが地域を駆け抜けました。 七夕に列車が運行されるのは今年で2回目。県内や愛知県から35人の親子らが参加しました。お座敷列車内では、将来、保育者を目指す短期大学部幼児教育学科の学生15人が、参加者と一緒に折り紙や工作、絵本の読み聞かせなどで遊びました。また、願いごとを書いた乗車記念の短冊や長さ1mのササ飾りを作りました。参加者からは「温かい心が伝わった」などの声が聞かれました。

七夕TRAIN

2012.11.18 もみじTRAIN 

秋を感じるあそびを体感

秋の企画列車としては今回初めて、もみじトレインが運行されました。紅葉の時期にちなんで、車内では木の実や落ち葉を袋に詰めて動物を作ったり、折り返し地点となった白山長滝駅に隣接する長滝白山神社では、どんぐりこまで競い合ったり、秋を楽しむ企画となりました。また、学生らは数多くのあそびを用意し、子どもたちとや保護者との接し方を実践の場で感じながら、自信を深めました。

もみじTRAIN

2012.12.16 クリスマスTRAIN

昔ながらのあそびを楽しむ

今年で3回目となったクリスマストレイン(昨年はサンタトレイン)は、冬の人気列車として定着しました。クリスマスにちなんだカード作りをはじめ、お正月が近いことから、車内でオリジ ナルの凧を作成し、郡上八幡駅で凧上げ合戦をするなど、昔ながらのあそびも楽しみました。また、前回のもみじトレインから乗車ごとにスタンプを押してもらえる「あそびスターポイントカード」が発行され、人気を集めていました。

クリスマスTRAIN

2013.2.10 雪だるまTRAIN

元気いっぱい 雪あそびを満喫

白山長滝駅周辺は1m近い雪が降り積もり、学生は参加した親子らと一緒にソリや雪だるま作り、雪合戦などを楽しみました。参加者からは「普段ではできないあそびをいっぱい体験できて良かった」「子ども中心に遊んでくれて楽しかった」「積極的な声掛けや子ども目線での対応で言葉づかいも良かった」などの声がありました。一方「もう一言子どもに近づいてくれると良い」「雪遊びの時間がもっとあると良い」などのアドバイスもありました。

雪だるまTRAIN