受験生向けサイト つながるWEB

8月 オープンキャンパス【看護学部】

オープンキャンパス

中部学院大学で、きっとつながる、未来につながる。

2019年8月18日(日)オープンキャンパスを開催しました。ここでは看護学科の様子をレポートします。

8月 オープンキャンパス【看護学科】

当日は100名を超える大変多くの高校生や保護者の皆様がお越しくださり大盛況でした。ご参加ありがとうございました。

模擬授業

「食と健康」 ~みんなの体は食べたものでできている~

公衆衛生看護学領域、植松勝子先生による模擬講義の様子です。テーマは、「食と健康」~みんなの体は食べたものでできている~。皆さん真剣に受講されている様子が伝わります。改めて食と健康の奥深さについて学んでいただけたのではないでしょうか。

模擬授業の様子

体験コーナー

依存症ってなに?

依存症って何? 体験コーナー

体験Aでは、精神・在宅看護学領域による「依存症ってなに?」とのテーマで実際に唾液から依存症ストレスチェックを体験しました。唾液からストレスが把握できることに興味を持っていただけた様子でした。

看護の7つ道具って何?

看護の7つ道具 体験コーナー

体験Bでは、基礎・統合看護学領域による「看護の7つ道具って何?」とのテーマで、看護師が、患者様の体の情報を把握するため使われる道具を実際に使い、大学生とともに体験しました。看護師は沢山の道具を活用することを知ることが出来ました。

フリートーク

フリートーク

フリートークコーナーでは、高校生の皆さんから、大学生活や看護の勉強への取り組み方、病院実習の様子などの質問があり、大学生が中心となりお話させていただきました。とても楽しく盛り上がっていました。

学科説明

学科説明

基礎看護学領域、藤井洋子先生から、本学看護学科が大切にしている看護教育のお話がありました。本学ではキリスト教教育が基盤となっており、そのうえでの看護教育や、載灯式イベントについて、ナイチンゲール誓詞の意味、さらには4年生大学での看護教育の意義についての説明でした。

 

次回のオープンキャンパスは、9月8日(日)に開催です。
多くの皆さんとお会いできますこと、学生、教員一同心待ちにしております!
またお会いしましょう!

またお会いしましょう