受験生向けサイト つながるWEB

8月 オープンキャンパス【教育学部】

オープンキャンパス

中部学院大学で、きっとつながる、未来につながる。

2019年8月18日(日)オープンキャンパスを開催しました。ここでは子ども教育学科の様子をレポートします。

8月 オープンキャンパス【子ども教育学科】

August Open Campus in Kakamigahara
8月オープンキャンパス開催!たくさんの1・2年生も来て下さいました!

8月18日に、本年度第4回目のオープンキャンパスが行われました。今回のオープンキャンパスは100名を超える参加がありました。その中でも高校1・2年生の参加が多数ありました。初めてのオープンキャンパスのために緊張する高校生も多かったようですが、本学のトレードマーク「笑顔」と「挨拶」が伝わり、模擬講義やブース企画、学生との関わりを通して、自分から積極的に質問したり、笑顔でブース体験をしたりする姿が見られました。

模擬講義は2つ行われました。午前は別府悦子先生による発達支援に関わる講義を実施しました。少し難しそうなテーマでしたが、絵本の読み聞かせや先生の体験談、スマホの心理テストを取り入れた講義内容をメモを取りながら聞き入る姿がありました。午後は林茂男先生による算数・数学の体験型講義でした。すぐに答え合わせをするのではなく、自分でどうなるのかを予想することの大切さを実感できました。また、予想と結果が違ったときの驚きや発見を楽しむことのできる内容でした。ハノイの塔のタイムチャレンジでは、友達と競争しながら様々な方法を考えました。どの模擬講義も教員を目指す上で大切な考え方を示していました。1・2年生のみなさんにとっても、自分の将来を考える第一歩として、楽しみながら学ぶきっかけになったのではないでしょうか。

ゼミ企画等のブースでは、子どもの気持ちになってお弁当を作ったり、紙芝居を作ったりと、学生が企画したブースを体験していただきました。何よりもブース企画の良さは学生と直接話ができることです。一緒に活動を楽しみながら、授業や通学方法等について話が弾み、充実した笑顔の中で終えることができました。

別府先生の模擬講義

別府先生の模擬講義。「おこだでませんように」の絵本を違う角度で見てみよう!

入試説明の様子

パンフレットを参考に、入試に関する説明に耳を傾けます。

林先生の模擬講義

林先生の模擬講義。予想と違う形になった!数学と芸術は紙一重です!

ハノイの塔にチャレンジ

ハノイの塔にタイムチャレンジ!考えることって楽しい!ただ難しい…

ラ・ルーラ

ラ・ルーラでは、ブース企画だけでなく、在学生とのトークにも花が咲きました。

ランチ体験

学生と一緒にランチ体験!緊張もとけ、自分から学生生活について質問します!

ピアノレッスン

ピアノ初心者も大丈夫。教員が丁寧に説明します!

巨大バルーン

巨大バルーンの中に入ってみよう!カラフルなセロハンを通して見た世界も素敵!

3コマ紙芝居

3コマ紙芝居を作ります。みんなの表現力によって様々な内容の紙芝居となります。

廃材で弁当作り

身近な廃材を使ったお弁当作り!どのようなイメージが膨らむでしょうか?

 

高校生のみなさん、また本学でお会いできることを楽しみにしています!
次回のオープンキャンパスは9月8日(日)です!