受験生向けサイト つながるWEB

7月 オープンキャンパス【看護学部】

オープンキャンパス

中部学院大学で、きっとつながる、未来につながる。

2019年7月21日(日)オープンキャンパスを開催しました。ここでは看護学科の様子をレポートします。

7月 オープンキャンパス【看護学科】

7月21日、オープンキャンパスの看護学科の様子をご紹介いたします。
本日は、大変暑い中、たくさんの高校生と保護者の皆様に、ご参加いただきありがとうございました。

模擬授業

血圧のなるほど!

今回の看護学科の模擬授業は、基礎看護学の岡本講師が担当いたしました。テーマは、「血圧のなるほど!」です。日本人は、1日に13-15gの塩分をとっており、他の国よりもとても多いそうです。高血圧の予防には、塩分制限が大切で、どのように減塩したらよいかなど、具体的な方法について説明していただきました。

模擬授業の様子

学生による看護学科のお話

看護学科の学生より、4年間の学生生活について、載灯式などの行事や、国家試験対策についてお話させていただきました。

学生による看護学科の話

体験ブース

自分の体力を知ろう!握力、体脂肪の器具を使って調べてみよう!

体験ブース

看護棟1階の体験ブースでは、公衆衛生看護学の授業で行う体力測定について、体験していただきました。皆さんの体力はいかがでしたでしょうか。

高齢者の世界をのぞいてみよう。高齢者類似体験!

高齢者類似体験

看護棟2階の体験ブースでは、高齢者が日常生活においてどのような困りごとがあるのか、実際の器具を使って、高齢者類似体験をしていただきました。実際に高齢者の立場になってみるという体験から、高齢者へどのような気配りが必要なのか、考えてみる機会になったのではないでしょうか。

フリートーク

フリートーク

フリートークのブースでは、大学に入学したら、どのように学習するのか、サークルは入れるのか、実習ではどのような経験をするのかなど、楽しくお話ができていました。どのグループも、とても楽しそうな雰囲気でしたよ!

学科説明

学科説明

宮田学科長から、看護学科の行事の紹介、看護教育の方法、国家試験までの支援などについて、説明がありました。看護学科は、大変厳しい学習の積み重ねになりますが、国家試験合格を目指して一緒に頑張りましょう!というお話でした。

 

次回のオープンキャンパスは8月です。皆さまのお越しをお待ちしております!

集合写真