受験生向けサイト つながるWEB

7月 オープンキャンパス【幼児教育学科】

オープンキャンパス

中部学院大学で、きっとつながる、未来につながる。

2018年7月22日(日)オープンキャンパスを開催しました。ここでは短期大学部 幼児教育学科の様子をレポートします。

7月 オープンキャンパス【幼児教育学科】

~夏だ!祭りだ!“わくわくあそび村”へようこそ!~

7月22日のオープンキャンパスでは連日の酷暑にもかかわらず、本当に多くの高校生の皆さんのご参加をいただきました。

7月のオープンキャンパスは、恒例の夏祭り“わくわくあそび村”です。今年は、4つのあそびを用意しました。
幼児教育学科のオープンキャンパス委員は、1か月前から材料集めやあそび道具の制作、景品の調達、ポスター制作など、高校生の皆さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら準備を進めてきました。

全体会が終わり、幼児教育学科に集まった高校生や保護者のかたに、4つのフルーツのワッペン(桃、スイカ、パイナップル、みかん)を付けていただき、そのグループことにブースを決めてスタートしました。

はじめに、“わくわくあそび村”の村長になった学生の司会で、子どもにとってのあそびの意義と、各あそびの狙いが紹介されました。1時間ほどでしたが、体を動かしたり、自分で制作して遊んでみることを体験しました。
高校生の皆さんとオープンキャンパス委員の学生が一緒になって、あそびを満喫できたようです。

午後は、学科と入試の説明があり、個別相談と並行して『自然と対話!葉っぱマンと仲間たち』のワークショップを行いました。白い紙皿に自然の葉や木の枝を使ってかわいらしい森の妖精の出来上がりです。暑くても、緑の葉や花と触れ合うと心が癒されます。

次回は、8月19日(日)にオープンキャンパスが開催されます。
卒業生のお話や、絵本と音楽のコラボなど、楽しい企画を用意して、高校生の皆さんをお待ちしています!


通路の作品展:“大好きフルーツが、おっきくなった!”
プロムナードコンサートで制作した小道具です

通路の端まで、大きなフルーツが陳列されました


あそび村の、案内人です


学生による、あそびの紹介です


『♪もっと高く!ジャンピングかえる』の説明をしています


『スズランテープファイト!!』は、体いっぱい使って遊びます


『飛べ飛べストロー飛行機』では、自分で作って飛ばし、距離を競いました


『♪高得点をねらえ!的あてゲーム』


午後のワークショップ『葉っぱマンと仲間たち』


笑顔のすてきな、森の妖精の出来上がり!