受験生向けサイト つながるWEB

頼れる就職サポート

キャリアサポート
就職支援

社会で真に必要とされる力を備えるために
本学が取り組んでいること

大学で専門知識を身につければ、誰もが就職できる時代は過去のこと。
めまぐるしく社会情勢が変わっていく今、社会の幅広い分野に応用が利き、即戦力として活躍できる人材が求められています。

中部学院のキャリア形成支援

全国トップレベルの就職率

  • 中部学院大学
    97.5%
  • 中部学院大学短期大学部
    100

高い進路満足度が特徴!

  • 中部学院大学
    89.7%
  • 中部学院大学短期大学部
    92.2%

(2017年3月卒業者実績)

実績が証明する万全のサポート体制

基本はマンツーマン指導。
個別の面談は学生一人に対し、年間15回以上。

将来の夢や目標に向かってチャンレンジする就職活動。
その過程の中で学生は、自分と向き合い、時に挫折を経験しながら社会へ出るための準備を進めて行きます。

そんな大切な時期だからこそ、本学の職員は、学生と家族のような関わりを大切に、人生の喜びや楽しみを共有しながら、時には厳しく、時には優しく、適正・適職を見定めたサポートを行います。

個別面談

 

豊富なキャリア形成支援 / 就職支援プログラム

自己分析

適性検査

大学3年生(理学療法学科は2年生)、短大1年生を対象に「キャリアマップ-能力・職業適性検査-」を実施しています。キャリアマップは就職活動を始める前にもう一度「進路」を考えるきっかけとすること、簡単な学力検査と職業適性検査に挑戦することで就職試験の一端に触れることが目的です。
キャリアマップで得られた情報はデータベース化し、きめ細やかな進路指導に役立てていきます。

適性検査

就職ガイダンス

4月には毎年、学部の枠を越え学年毎に「キャリア支援ガイダンス」を実施。その後、各学部・学科・学年別に適切な時期を設定し「就職ガイダンス」を実施しています。ガイダンスでは教員とキャリア支援センターが連携し、各学部・学科の学習内容や取得可能な資格、そこから考えられる将来の進路を考慮した当該学年で必要となる具体的な情報の提供を行っています。

写真100px

個別面談

本学では学生一人一人の希望に合わせて個別面談を行っており、年間平均15回以上の面談実績を持っています。進路相談をはじめ、履歴書の添削、模擬面接、マナー指導など、各学生の成長や就職活動の進捗に合わせて、その時々に必要となる支援をきめ細かく実施しています。その際、学生から得た進路情報(例えば四年制大学では、1年次にキャリアシートI、2年次にキャリアシートII、3年次に就職登録票を作成、データベース化)をフル活用し、より具体的な進路指導に役立てています。
またハローワーク(※1)のジョブサポーター(※2)による「学内ハローワーク」を開設し、遠方からの学生や就職活動が難航している学生を応援しています。

   ※1 公共職業安定所
   ※2 公共職業安定所の相談員

個別面談

自己理解

キャリア支援科目を開講

大学3年生、短大1年生を対象に各界から講師を招き「仕事と人生(後期・選択・2単位)」を開講しています。「生きること、働くこと、自分の人生を考える」をテーマに、「働くことの意義」や就職活動の「実践方法」などの基礎知識習得から、「模擬面接」「履歴書の書き方指導」「一般常識模試」などの具体的な内容まで盛り込んでいます。
特に卒業生から就職活動のアドバイスや仕事のやりがいなどを 聞く「卒業生キャリアフォーラム」は大変好評です。
また各学部の学習内容に則して「キャリア形成論」を開講しています。年次進行で段階的な積み上げ方式の学習を進めています。

写真100px

自己変革

基礎学力向上講座

ブレイク・スルー(難関突破)を実現するために、就職試験で多用されるSPIや公務員試験対策を視野に入れた基礎学力向上講座を、全学年の希望者を対象に年間16回(前期・後期各8回)開講。2014年度からは内容をグレードアップした「筆記試験得点UP講座」を通年で開講しています。

写真100px

プラスαの資格に挑戦

シティカレッジ(関・各務原)が主催する資格取得支援講座やスキルアップ事業を利用したプラスαの資格取得もバックアップしています。進路の選択肢を広げることができます。
また教員、教務課と情報を共有し、国家試験合格を目指す学生を徹底応援していきます。

自己表現

キャリア開発支援講座

社会人基礎力や就職基礎能力の向上をねらいとして開講。就職内定者(大学4年生、短大2年生)には「就職内定者支援セミナー」として就職後、社会で必要となる知識や能力を習得できるよう支援。全学生を対象に「キャリア開発支援ワークショップ」として「コミュニケーション力」「プレゼンテーション力」「チームワーク力」「ことば&マナー」「社会人常識」「就職活動対策」などのプログラムで開講しています。

写真100px

学内仕事相談会

卒業年次生(大学4年生、短大2年生)を主たる対象として、幼稚園・保育園・福祉施設などの採用担当者に学内にお越しいただき、関キャンパスでは「福祉・教育総合就職フェア」、各務原キャンパスでは「子どもの仕事相談会」を実施しています。仕事の内容や職場の理解を深めたり、採用試験の様子を聞くなど、就職希望先とのよりよいマッチングに向けた絶好の機会となっています。
また経営学部主催による「業界説明会」を3年生向けに年2回実施。岐阜県内の優良企業の担当者から業界を志望する上で必要なことや就職後に必要となる能力についてレクチャーを受けます。
さらに飛騨地域(高山市・飛騨市・下呂市)で就職を考えている学生やその保護者、高等学校の進路指導の先生方を対象に「飛騨地区限定福祉・幼児教育の仕事相談会」を開催しています。社会福祉協議会や社会福祉法人、NPO法人、幼稚園、保育園など地元の15団体に参加いただき、就職活動する上での耳寄り情報を提供していただいています。

学内仕事相談会

学内仕事相談会

公務員試験対策講座

学生の進路希望に合わせ「県・行政・警察・消防コース」「市町村保育士・幼稚園教諭コース」「教員採用試験対策コース」の3コースを開講しており、毎年100名以上の学生が受講しています。講義だけでなく実技対策講座や面接対策講座、自主勉強会を開講し、各職種に綿密に対応しています。欠席者には講座を録画したDVDを貸し出すなどフォロー体制も万全です。

写真100px

卒業生支援

人材バンク

卒業後も同窓会と連携して、何かの都合で職を探している人などのために「卒業生人材バンク」を用意しています。
卒業と同時に人材バンクに登録すると、以後、企業や施設などから中途採用や臨時職員などの募集があった場合、随時ご案内しています。
また卒業後4年間は「求人検索NAVI」求人閲覧ならびに個別求人メール「マッキー」による求人情報の提供が可能です。

関連リンク

センパイの声
中部学院大学・中部学院大学短期大学部を卒業した“センパイ”を紹介しています。
卒業した先輩たちが社会人として活躍する様子を紹介しています。
国家試験対策講座
・社会福祉士国家試験
・精神保健福祉士国家試験
・理学療法士国家試験
の合格に向けて国家試験対策講座があります