受験生向けサイト つながるWEB

看護リハビリテーション学部 理学療法学科

学びの特徴

「基礎力」と「臨床力」が身につく
魅力あふれる教授陣とカリキュラム

中部学院大学では幅広い理学療法の世界に対応するために、整形、スポーツ、神経、小児などその道のエキスパートとして実戦経験豊かな専任教員を配置。教授陣による医療現場さながらの講義や実習は、理学療法への理解を促進するだけでなく、社会での活躍を約束する貴重な実践の場となっています。

授業風景

理学療法士が支援する対象者とその分野

支援する対象者とその分野

基本専門領域すべてに専任教員がそろっている

理学療法を代表する領域(整形・スポーツ・神経・内科・小児・高齢者)それぞれに講義・評価・実習を行うカリキュラムが特徴です。
また、すべてに専任教員(理学療法士)が揃っています。

このような環境下にて「講義」で知識を習得し、「評価」で確認、「実習」で体得することで確固たる「基礎力」と「臨床力」を身につけます。

※「評価学」(評価とは、医師でいう“診断書”と同じで、痛みや不具合の原因を明らかにするもの)を、それぞれの領域で実習とは別のカリキュラムを組んでいるのは、全国でも珍しいケースです。

しっかりと身につく積み上げ式のアリキュラム

基本専門領域、それぞれの専任教員を紹介!

整形の領域

ケガなどで、運動機能に障害をきたしている身体の部分、特に関節の動きや筋肉の動きに注目し、運動能力を回復させるためにリハビリをおこないます。時には装具等を利用して、運動機能の補助を試みることもあります。

マニュアルセラピー
大嶽昇弘教授
担当:大嶽昇弘教授
関節の構造を理解し、関節の動く範囲を主とする障害に対する徒手的(手で触りながらおこなう)アプローチによる治療を学びます。
体表解剖学実習
林典雄教授
担当:浅野昭裕教授
それぞれの筋肉の作用とともにその機能的役割を理解した上で、両手両足の全ての筋肉において、機能解剖学的に触診する技術を身につけます。

スポーツの領域

スポーツ活動で起きた障害に対するリハビリテーションでは、日常生活の適応だけではなくスポーツ活動への復帰を目指します。また、より高いパフォーマンスを求めるアスリートに対し、トレーニングによって効率がよく筋肉を使う方法のアドバイスも視野に入れます。

理学療法運動生理学I
鵜飼建志准教授
担当:鵜飼建志准教授
筋力に影響する因子といって基礎から筋力トレーニングの効果などの運動生理学について学びます。また筋力の各種測定法、筋力トレーニング方法の理論、筋力トレーニング方法の実際について、実技による体験を交えながら学習します。

神経の領域

脳・脊髄・神経の障害を扱います。最も多いのは脳血管障害で、寝たきりの原因の第一位です。残った神経系を使っていかに日常生活を取り戻せるか、回復だけでなく、残された機能の利用を含めて、総合的な機能の向上を目指します。

認知運動療法概論
千鳥司浩准教授
担当:千鳥司浩教授
運動は運動イメージの実現ですが、運動イメージの形成には外の世界の正確な認知が必要です。逆に運動することによって外の世界の正確な認知が可能になります。認知と運動のこうした相互関係の理解の基盤となる運動学習理論について学びます。
神経障害系理学療法学実習
福田正准教授
担当:福田正准教授
脳血管障害の初期にはリスク管理が、回復には患者さん自身の運動を手助けすることが、自宅に戻るときには日常生活への復帰が課題になります。このように回復に合わせた支援方法を学びます。
 

内科の領域

呼吸をするのにも筋力を使っているのが、私たちの身体です。呼吸器や心臓の障害、糖尿病などの患者を対象とし、そのような内科疾患の予防をはかるとともに、症状の軽減、生活復帰を支援するためのリハビリテーションをおこなう領域です。

内部障害系理学療法学
三川浩太郎講師
担当:三川浩太郎講師
内部障害(呼吸器や心臓の障害など)の原因となる疾患を理解し、理学療法士が行うことができる内部障害のリハビリテーションを学びます。

小児の領域

小児は発達期独特の問題を抱えていますので、大人と異なるアプローチが必要です。先天的な機能障害、病院やケガによる障害など、小児のリハビリテーションは広い範囲に渡ります。発達の遅れを見極め、成長に近い状態に戻すとともに、保護者と連携した生活指導や本人とのコミュニケーションが大切です。

小児発達系理学療法学
濱岸先生
担当:濱岸利夫准教授
子どもの正常な姿勢・運動発達・原始反射・反応の相互関係を理解し、その相互関係を考えながら、ハンディキャップを持つ子どもの障害像を理解します。
基礎理学療法検査・測定論
笠野先生
担当:笠野由布子助教
様々疾患の機能障害を正確に検査・測定することは、理学療法の治療効果を判断する上で大変重要となります。疾患に対する検査の目的や方法について学び、また正確な検査測定を実施する技術を身につけます。

高齢者の領域

高齢社会が顕著になりつつある我が国では、高齢者特有の疾患や機能障害による日常生活困難者が増加しています。高齢者の特性を踏まえたリハビリテーションが求められ、ますます重要な領域になってきています。

地域チームリハビリテーション学
山崎節子教授
担当:山崎節子教授
行政部門、障がい者デイサービス、訪問リハビリテーションで活躍する理学療法士やその関連職種(建築士・保健師)の方々から、地域でのチームリハビリテーションについての講義を受けます。
基礎理学療法検査・測定論
西嶋力准教授
担当:西嶋力准教授
理学療法では、その効果測定として検査を実施し、身体機能や生活状況を評価します。四肢の長さや筋力、関節の柔軟性を測定し、生活能力や心の変化についても観察します。測定方法の理解と実践できることを目指します。

就職サポート

高い就職率と進路満足度!

2016年度卒業生就職率 100%

総合病院や整形外科クリニックに加え、プロ野球チーム、高齢者施設など、卒業生はさまざまな舞台で活躍しています。

国家試験合格に向けた学習だけではなく、倫理学、哲学、福祉学、情報科学、コミュニケーション科学を学習することで、人を大切にする心、患者を見極める力、そして一生学び続ける力を身につけ、日々発展する医学に対応できる真の理学療法士を育てています。

多彩な資格

抜群の理学療法士 国家試験合格率

理学療法士合格率 100%
(2017年3月実績 全国平均 90.3%)

理学療法士は、国家試験に合格しなければ、その業務に就くことができません。
本学では国家試験合格へ向けて対策講座を設け、全教員がサポートします。
1年次より少人数グループのゼミなので、学習方法や学生の悩みなど、個々を大切にしながら、継続的に支援し、学びを深めています。真剣に理学療法士を目指す学生ならば、本学で夢が叶うように、トコトン応援します。

国家試験対策

グループ学習を取り入れ、
一丸となって試験に備えます。

「慌てず・焦らず・諦めず」をスローガンに、学生は国家試験対策講座、グループ学習、個別学習などに取り組んでいます。グループで情報を共有しながら、一丸となって試験に備えます。

国家試験へむけて

ともに学ぶ

卒業生、教員、在校生との間に強い絆が育っています

卒業生と教員や卒業生同士、さらには卒業生と在校生との間に、自慢できる絆ができ上がっています。
2016年には理学療法学科同窓会が設立されました。
仕事に就いた卒業生が、在校生指導の応援に来てくれることもしばしばで、年間を通して、何度も顔を出してくれています。