受験生向けサイト つながるWEB

教育学部 子ども教育学科

学びの特徴

1、「ふれる」「ためす」「かんがえる」「たしかめる」”学びの森プラン”で目標達成

「ふれる」「ためす」「かんがえる」「たしかめる」のステップを大切にしながら、授業や実習、研究やボランティアの中で子どもについて深く学びます。

2、子どもを深く理解できる先生になる

教育・保育・福祉などのさまざまな領域から子どもについて学びます。
子ども期をふくむ人間が、生まれてから死ぬまでの一生涯について理解すること(=人間理解)をめざします。
子どもに常によりそい、子どもとかかわりながら、共に育ち合う小学校の先生や幼稚園・保育所の先生を目指します。

3、どんな子どもたちも支えられる人になる

子どもだけでなく家族や家庭を支え(=家庭支援)、さらに、社会的に養護が必要な子どもや特別なニーズを持つ子どもたちを理解し、サポートすること(=特別支援)について学びます。

子ども教育コース

取得資格:小学校教諭一種 幼稚園教諭一種 保育士資格(保育士資格の取得は取得要件あり)

  • 小学校、幼稚園での実習体験が充実したカリキュラムを展開
  • 特別支援、福祉の素養のある、幼小連携に強い小学校教員を養成
  • 教育指導経験者によるきめ細かい就職支援(教員採用試験対策等)

保育・発達支援コース

取得資格:幼稚園教諭一種 保育士資格 社会福祉士受験資格
(社会福祉士受験資格は希望者が取得可能)

  • 幼稚園、保育園での実習体験が充実したカリキュラムを展開
  • 特別支援、福祉の素養のある保育教諭(幼稚園免許+保育士保有者)を養成
  • 保育、教育指導経験者によるきめ細かい就職支援

教員採用試験サポート

2015年度より、教職センターを新設しました

小学校教員採用試験までの
計画的なサポート

4年次夏に実施される小学校教員採用試験に向けて、一般教養から教職・専門教養、小論文や面接対策など、採用試験突破に必要な力を4年間のプログラムで計画的に学びます。

充実の実習・演習

学びのフィールドは学内だけではありません。
1年次から4年次まで各務原市内を中心とした小学校で学びます。
また、参観や学習支援を通して、そこで感じた子ども観、実際に実践した指導観、教材観などは、将来にわたって活用できる資質・能力として蓄積されていきます。

身につく実践力

授業づくり、学級づくりのノウハウを大学教員はもちろん、現役の先生からも直接学びます。
さらに、3年次の9月に実施される小学校教育実習に向けて、模擬授業や教材研究など、生きて働く実践力を確実に身につけていきます。

教職センター

教員採用試験

就職サポート

就職先

教育・保育、児童福祉、病院など、
幅広く「子ども」に関わる!

第1期生卒業から4年間、常に100%近い就職率を保持。
公務員の合格者も年々増加しています。
また、大学での学び、取得した資格や免許状を活かし、「子どもと関わる」ことに視点を置いた多種多様な職種・職場で活躍しています。

就職率

主な職場

小学校、幼稚園、保育園、児童養護園、児童福祉センター、スポーツクラブ、病院、行政など

田村 健二さん
八王子市立第一小学校 勤務
小学校教諭
細川 真里さん
大垣市立日新幼保
早川 優さん
恵那市長島小学校 勤務
小学校教諭

多彩な資格

教育学部資格取得一覧

ともに学ぶ

子どもとともに学び、ステップアップする豊富な実習環境

キャンパス内にある現場! 子ども家庭支援センター「ラ・ルーラ」

キャンパス内には、地域の子どもと保護者が自由に交流できるラ・ルーラがあります。これはキャンパス自体が現場であり、毎日が実習の場であることを意味しています。加えて、他の実習では得られない保護者との関わりが持てるのも、大きな特徴です。
また、様々な環境の子どもたちと接することができるため、進路選択や職業選択のサポートの役割も担っています。

ラルーラ

長期実習で育む「豊かな子ども観」

授業においても、ラ・ルーラをはじめ、キャンパス内外の様々な現場で実習する機会があります。たとえば、小学校教諭の実習では、0~2週間という期間の大学が多いなか、本学では4週間の実習を通して、より深く子どもに関わり、豊かな子ども観を備えた教育者を目指しています。

ラルーラ

地域と連携した授業やオリジナルイベントでさらなる成長を促す!

地域の保育所、幼稚園、小学校、関連施設と連携した授業では、学生が学外へ行くだけでなく、地域の子どもたちがキャンパスに訪問することもあります。
かがく・さんすうアカデミー、学びの森フェスティバルは地域と連携した、中部学院大学 子ども学部のオリジナルイベントです。

学びの森フェスティバル