中部学院大学附属図書館

図書館について

中部学院大学附属図書館は、1967年に「岐阜済美学院短期大学附属図書館」として設置され、現在に至ります。


関キャンパス、各務原キャンパスにそれぞれ図書館が設置されており、各キャンパス設置の学部・学科の専門分野に関連した資料を収集、保存、公開しています。

関キャンパス図書館所蔵資料の主な分野
社会福祉、精神保健福祉、児童福祉、介護、リハビリテーション、看護、スポーツ 等
各務原キャンパス図書館所蔵資料の主な分野
幼児教育、初等教育、経営 等

 

館長挨拶

 図書館は情報の宝庫です

本学図書館は、学外の方にも広く開放されている情報の宝庫です。
図書のみではなく、CD、DVD,新聞、諸資料などが、皆さんのご利用を待っています。これらの宝を持ち腐れにするのは、あまりにももったいないことです。是非、積極的にご活用ください。

図書館は、関キャンパスにも各務原キャンパスにもあります。
両図書館とも、図書の閲覧・貸出、資料のコピーができるだけではなく、広い閲覧席があります。授業の空き時間には是非ご利用ください。
また、複数の学生が集まって討論等を通して学習ができるラーニング・コモンズ(自主学習室)もあります。

本学図書館にない書籍の他館からの取り寄せ、他館所蔵資料のコピー依頼もできますので、お気軽にお申し出ください。
学生用図書のリクエストも随時受付けていますのでご相談ください。
また、定期的にビブリオバトル(知的書評合戦)を行っています。是非、参加して読書の楽しさを味わってみませんか。

皆さんの学生生活が少しでも豊かで充実したものになるよう、館員一同精一杯サポートしますのでお気軽に図書館へ。お待ちしています。

中部学院大学附属図書館長  川瀬邦臣

中部学院大学附属図書館長 川瀬邦臣