中部学院大学各務原キャンパス 子ども家庭支援センター ラ・ルーラ

事業概要

これからの子育てを考える拠点として、保護者が子どもとともに活動したり、地域の子どもたちやその保護者、子育て支援に関わる人々が互いに交流でき、「共有」できる場となる「ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)」を、各務原キャンパスに内に開設し、様々な活動を活発に展開しています。

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)事業内容

親子の居場所の提供

就学前の親子が気軽に立ち寄れ、そこで心地よいひと時を過ごしてもらうため、乳幼児にふさわしい遊具や絵本などを用意し、場や空間を提供します。

親子で楽しく遊び学ぶプログラムの提供

就学前の親子の実態やニーズに応じたプログラムを準備し、親子で楽しく参加する学びの場を提供します。

子育ての相談に応じる場

保育士が常駐し、個々の相談に随時応えていきます。ケースに応じてそれぞれの専門スタッフ(大学教員)も相談に応じます。

学生が実体験をとおして学ぶ場

学生がボランティアとして参加しながら、子どもや保護者、子育て支援事業への理解を深め、知識やノウハウを学ぶ場とします。

次代における子育て・家庭支援の先駆的なあり方を模索する場

地域の子育て・家庭支援に携わる人材・関係諸機関・学内外の研究者と積極的に交流しながら、子どもの健全育成のために高まりあうような関係づくりの拠点にします。

保育者の交流と研修の場

岐阜県・愛知県などの保育者を対象に、保育研修会、保育技術研究会などを実施し、保育者の再教育の場として機能します。

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)開催プログラム

親子の新たな出会いと相互交流を図ります。

  • 親子が安心して集える場の提供
  • 親子が楽しく遊んで過ごす場の提供
  • 親子同士交流し合える場の提供

参加した親子のコミュニケーション能力を高め、親の育児意識を高め、
育児方法の多様化を図るとともに、子どもの生活経験と直接体験を豊かにします。

通常活動内における特別活動の設定

週替わりのコーナー(遊具)の設置
レゴブロック(デュプロ)・カプラ・新聞プール・伝承遊び(コマ・お手玉まど)ほか。
週単位で「遊びコーナー」の設置をします。
制作コーナーの設置
火・土曜日は制作の日。ままごとのコーナーを縮小し、制作コーナーを設置します。
はさみ・セロテープ・のり・サインペンなどの製作道具を準備。大きな材料箱にお菓子のパッケージや牛乳パックなど様々な廃材を準備し自由に使えるように整えています。
お話の時間(絵本を中心とした読み聞かせ) 毎日11時頃
その日のお子さんの様子や年齢などに応じた内容を決め、読み聞かせをします。

情報の提供

  • 月1回(年10回)子育てに関する講演および演習

本学職員による 子育てに関する講義およびワークショップ。子どもを生み育てる喜びや、発達支援のあり方などを専門性豊かなそれぞれの分野の専門家が担当します。

親子サロンの開設

年齢別の各サロンの充実を目標に、子どもたちの笑顔とお母さんの笑顔の応援もします。
どのサロンも毎回テーマを決め、おしゃべりをし子育ての不安の解消へとつなげます。
準備の都合上、参加希望の方は前もってお知らせください。

みんなで遊ぼう
  • 毎月1回、2~3歳児と保護者対象
  • 「みんなで」がキーワード
親子遊びを楽しみながら友達も意識できるような遊びのプログラムを組んでいきます。ボール遊び・新聞紙遊び・布遊び・リング遊びなど いろいろな遊びを楽しみます。
ママと遊ぼう
  • 毎月1回、1歳~3歳児と保護者対象
  • 「ママと一緒に」がキーワード
親子遊びを中心にじっくり親子で向き合って楽しみます。家庭ではできないようなダイナミックな遊びも少しずつプログラムに入れていきます。
作って遊ぼう
  • 毎月1回、3~5歳児と保護者対象
  • 「ママと一緒に作る」がキーワード
親子で一緒に遊べるおもちゃを作って楽しい時間を過ごします。(紙飛行機・けん玉・水遊び遊具・割り箸鉄砲など)
幼稚園・保育園がお休みの土曜日開催を基本とします。
赤ちゃん集まれ!
  • 毎月1回、0歳児赤ちゃんと保護者対象
  • 「子育て仲間作り」がキーワード

0歳の赤ちゃんだけの、小さな赤ちゃんも安心して遊べるスペースでのサロンです。
赤ちゃん用の絵本の紹介・身の回りの廃材を使って月齢に合わせたおもちゃを作りながら、おしゃべりをして交流します。

誕生会
  • 毎月1回、当月生まれのお子さん
  • 誕生月の子どもたちを祝う
誕生カードを事前に一緒に作りながら当日を迎えて、みんなでお祝いします。
お子さんだけでなく、パパママもお祝いします。どうぞご参加ください。

お母さんのリフレッシュ講座

  • この講座は「作る」ということが一番の目的でありません。
    目的は「子どもと一緒に過ごしながらリフレッシュできる技の獲得」と「おしゃべりを楽しみながら子育ての輪を広げる」ことを願って計画しました。
    講座の時間内では仕上がりませんが、その後引き続き常時作品作りに取り組めるように環境は整えてあり、スタッフに声をかけていただければ再開できるようになっています。
    まずはチャレンジしてみてください。初めてでもしっかりと仕上がりますよ。
2017年度 年間スケジュール
  講座名 内容
4月 豆本作り 手のひらに乗るほどの小さな豆本作りです。紙をとじ表紙もつけて装丁もしっかりとした本格的な「本」作りを体験しませんか。
5月 お手軽簡単
巾着作り
お気に入りのハンカチやバンダナなどを利用して仕上げる巾着作りです。誰にでも簡単に出来ます。
6月 スズランテープで
夏バック
冬だけではなく今年は夏の編み物にも挑戦です。身近にあるスズランテープ(荷造り紐)を利用してカラフルなバックを作ります。
7月 ジャブジャブ洗える
夏帽子作りⅠ
毎年大人気の講座です。夏帽子を布で作ります。好きな布・配色を選び、リバーシブル。洗濯機でジャブジャブ洗える帽子です。
8月 夏帽子作りⅡ 特にこの講座は、夏の間ずっと開催しています。お気軽にスタッフにお尋ねください。オリジナル帽子を作りませんか?家族でお揃いもステキです。結構簡単に出来ますよ。
9月 手作り絵本
(成長記録)
絵が描けなくてもお話が思いつかなくても、様々な表現で一冊の本を仕上げることが出来ます。お子さんの今を成長記録にまとめてみても楽しいですよ。
10月 写真デコ 一枚の写真をデコレーションしてもステキですし、何枚もの写真を合わせて仕上げるのも。
11月 季節のホップアップカード クリスマスカードを中心に季節のカード等オリジナルカードを作ります。ステキに仕上げてお部屋に飾って楽しんでください。
12月 編み物Ⅰ クリスマスカードを中心に季節のカード等オリジナルカードを作ります。ステキに仕上げてお部屋に飾って楽しんでください。
1月 編み物Ⅱ マフラーやベストなど大作に挑戦してみてもいいですね。反対に全くの初心者でもOK。それぞれのペースで仕上げましょう。
2月 マスクケース・
移動ポケット
マスクケースもどんな服にも付けられる移動ポケットも基本は同じ。アイデアを生かしてステキな作品を仕上げましょう。
3月 折り紙 ユニット折り紙を仕上げます。小さな星形から大作まで、お好みの作品を選んで楽しみます。

多世代交流

  • 地域の中高生および高齢者との交流

中高生との交流に加え、地域のお年寄りとの交流も広げます。

行事の実施

運動会・七夕(笹飾り)・祖父母への手紙・お店屋さんごっこ・クリスマス会・節分(まめまき)・入園を祝う会等

今年も学生と一緒に楽しい催しを企画します。
ご家族みんなで楽しめる内容を検討中。